ひとり旅に出る。(旧称)

育児、ウサギ、趣味など。痛々しい過去のひとり旅も。
 
 
最近の記事
プロフィール

まあ

  • Author:まあ
  • 福岡から一人旅~今は愛媛に住んでます。
    第一子誕生と同時に交通事故で無職に。
    仕事を探しながら、うさぎさんと子育てに苦戦中…?
ランキング






    
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コペンに取り付けたチャイルドシートです。 

我が子の保育園入園が決まった時の話ですけど、
自分がコペンで送り迎えすべく、コペンに積めるチャイルドシートを探す事に。


ネットで各シートメーカーの適合を調べるも、コペンに装着できる物は見つからず。
一社だけメンテナンス中でネットで適合を確認出来ないメーカーだけあり、電話して問い合わせた所、現行品には無いが製造終了の物ならある、との事。
売上にならない情報なのに、なんと親切なメーカー。

2シーターとかオープン・スポーツカー用のチャイルドシートってホントに少なくて、子持ちオーナーさんはみんな苦労していると思います。

img_695962_61635360_0.jpg
中古で発見。プリムベビーとやらで、小ぶりのサイズでスポーツタイプのシートにも幅広く対応しているそうな。
小ぶりなだけあって、1歳までしか対応できず。その後も子供をコペンに乗せるなら、また別の方法を探さんといかん。


取り付け方法は至って簡単ですが、注意点が一つ。
助手席側のエアバッグをオフにしないといけない。
自分はグローブボックスを外したら見える、黄色いカプラーを外して、エアバッグをオフにした。
※コレが正しい方法かは分からんけど、エアバッグ警告灯が点灯するので、多分オフになっているかと。



取りつけた翌日はオープンカーのオーナーズミーティングの日だったので、テストも兼ねて行ってみました。
オープンカー集会のある町まで、家から30分強。


img_695962_61635360_2.jpg
車が走り出すと数秒で寝てしまう真奈ちゃん。
折角のオープンドライブだというのに!
シートは最後尾までずらしたので、足元スペースにはかなり大きなバッグも置ける。


この日は気温が高かったですが、オープン車内の真奈ちゃんは、チャイルドシートの幌のお陰もあって日陰状態、風も良く入り込んで、意外と快適の様子♪
寒い日もコペンのウインドーをマックスまで上げて、ベビーシートの幌を被せれば風が当たる事はありません。


img_695962_61635360_3.jpg

往復も会場でも一度もグズる事無く、オープンカーオーナーのオジサン達に笑顔を振りまいておりました。


   


8月7日。四国アクセラ・アテンザオフ。 

アテンザ・アクセラ合同のオフミーティングを企画。
場所は愛媛県西条市にある「石鎚チロルの森」
本日の予定はバーベキューと手作りパン&バター教室。

早めに施設入りして駐車スペースを吟味する。
事前に施設側からは駐車スペースの確保は出来ないと言われていたので、一般の方に迷惑にならず、且つ皆が一列に駐車できそうな場所を探す。
しかし、うろうろしているうちに駐車場誘導員のおじさんと仲良くなり、特別に理想的な場所を確保してくれる事になった。なぜか「あんた良い青年やね」とまで言われた(笑)

なんと!偶然にもNA限定インプレッサのオフミも集まっていた。
いつの間にか仲良くなり、後から来たアテ・アクの連中は差し置いて、インプ集団に入り浸る。
8_7_1.jpg
昼飯前に、とりあえず「ハイ、みんな手ぇ振って~」とパチリ。

8_7_2.jpg
「インプのみんなも手ぇ振って~!」

バーベキューを終えて、ぞろぞろパン工房へ移動していると…
「まあさん?」と呼ぶ声が。
なんと!広島から2人来ていたのだった!この2人は山口や神戸のアテンザオフや、1人旅してた時に広島で会ったりと何かと縁があります。
連絡もせず、この時間まで合流もせず、あたかも「たまたまココでメシ食ってたら遭遇した」かのような演出。そう、それがアテンザ広島組。
広島からは誰も来ないだろ~と思ってたのでかなり驚き&嬉しかった。


パン作りでは「にゃんにゃん」を作ったのだが、焼きあがったとき、おばさんに「これ猫?気持ち悪いねぇ」と言われてしまった。。。
8_7_6.jpg
自分なりに模様を再現してみたんだが…。不器用なんです。どれかは教えん!

四国の形を作ったり、キティちゃんを作る女の子がいたり、大人では滅多に体験しない機会だし、皆楽しんでもらえたかな?
この日の為に前日のキャンプを日帰りして参加してくれた女の子、ちょし君に「何の形で作ったの?」と聞くと…

おぢさん

 お ぢ さ ん ??

女の子+パン作り=おぢさん???
あっけにとられて、ちょし君パンの写真撮るの忘れました。


8_7_4.jpg
パンの次はバター作りもします。この生クリームに食塩を一つまみ入れてひたすら振りまくって…

8_7_5.jpg
余分な水分を捨てればこの通り。理科の実験みたいで面白かった。

今日は途中でにわか雨もあったが、概ね快晴で良い一日でした!
8_7_7.jpg

最後の集合写真、データが大きすぎてこのブログでは載せられませんでした…。
次のオフ会にプリントアウトして持って行くから許して…。

四国アクセラBBQオフ。 

あーーーー。面倒くせえ。
ナンバー隠したり目線入れるのメンドクセー。
という訳でナンバー隠しや目線が必要な画像はクリックしても拡大しません。他は例によってクリックでデカ画像。
なんちゅう自分勝手な俺だ…。

7月17日は四国アクセラオーナーのBBQオフ。
場所はえ~っと松山道の川内インターから10km程の山之江という所。BBQする為に存在しているような土地です。

徹夜明けの自分は一時間以上遅れて合流。
7_17_1.jpg
川の中を歩くと冷たくて気持ち良い!
すでに皆は腹いっぱいでマッタリ雰囲気だったが、自分だけハイテンション。常にハイテンションじゃないと、常に話していないと、常に食べていないと、睡魔に負けて意識が無くなりますので。
泳ぐのを休むと死ぬマグロと同じ。そう、マグロは生まれて死ぬまで一生泳ぎ続ける生き物。泳ぎを止めると口への海流が途絶え、エラ呼吸ができなくなり、死んでしまう。
脱線しすぎ。

7_17_2s.jpg
BBQのピークを過ぎ、かなりのローテンションの皆に、「1足す1は~?」とむりやり楽しそうな雰囲気を作らせ、パチリ。
本当に変なテンションで皆を困らせたかもしれない…

7_17_3.jpg
別のグループの、ミラクル可愛いワンちゃん。気に入られ、激しく襲われた。

しばらくは(自分だけ)食べ続け、皆でシメの焼そばを食べ、DIY&試乗タイム。
この付近は血沸き肉踊る山岳コース。乗り比べてみると…

マイアテンザ2,3ℓMT:軽やかなハンドリング。○ょしさんが3回エンストする(笑)。ちゃんと発進できた時には同乗者達から「やればできるじゃん!」と励まされる(笑)ボディが大きいためか、リアの接地感が(アクセラと比べると)やや希薄に感じた。

アクセラセダン2ℓ(吸排気ライトチューン)AT:コーナーはアテンザよりややダルだがリアの接地感が良さがしっかり伝わってくるので3桁速度でも楽しい。軽いのでアテンザより速い気がする。ブレーキも2ℓ以上は強化されて、且つ扱いやすい。

アクセラスポーツ1,5ℓMT:エンジンパワーはフル乗車でも不足無い。山道を3桁速度で走っても怖くない。ただし、ブレーキの効きはドキっとする事があった。通常の走行に支障は全く無いが。

7_17_4s.jpg
最後に記念撮影。
8月7日のマツダ車四国合同オフも宜しくです!
↑詳細はCLUB ATENZA HPにて。

俺的最高に嬉しい出来事!! 

なんとぉ!!
yuubin
松山の郵便ポストには松山城が付いてくる!
…一箇所だけですが。ちなみにこれが嬉しい出来事ではありません。


自宅に帰り、何気なくDVDレコーダーで番組表を見ていたら…



愛媛で「激走GT」が見られる!

愛媛ではスーパーGTは見れない…とすっかり諦めていたんですけど、今週から放送が始まるようです。

挙動がマイルドでガンガン踏めるから、誰にでも好タイムが望めるフェアレディZ
直線で分が悪く、挙動がシビアな為、ドライバーが神経質にならざるを得ないNSX
大変化は無く、まだ熟成不足?のスープラ

シーズン前のタイムではZの速さ、ドライバーに負担を与えない扱いやすさは圧倒的で、開幕戦でもポール,2番手はZ。
今年はZの勝利で安定だな~

…と思いきや
優勝は自分的には予想圏外の、織戸学・ドミニクが操るアドヴァンスープラ。

織戸!織戸!織戸~~!!
05tm025d1.jpg
カッコ良すぎるぜ!アンタの涙に貰い泣きしたぜっ!それも2回も…
開幕直前まで参戦すら危ぶまれていたチームが(このクラス)初優勝…
なんてドラマティックな開幕戦なんだ!

福岡から引っ越してからは敢えてチェックしませんでした。雑誌で見ても感動しないしね~

ところが、
いよいよ、
愛媛でも見られる!
マジ嬉しいス!

…え?
今年は安田美沙子がレポーターじゃないの?
そうですか…
あのぎこちないながらも一生懸命に頑張る安田さんは見れないんですか…。

試乗魔。2 

c13996as.jpg

コペン試乗。先々週の話ですけど。以下当時のメモのコピペ。

コペン 標準 4AT 2005.5.29

内装は極めてシンプルで、最近の軽同様チープさは感じない。
シートはがっちりホールドしてくれるが。ゆとりは無い。
タコは1万回転までを狭いスペースに表示しているので、1,000回転ごとの範囲が狭く、
例えば2,200回転でシフトアップ…ということが難しい。
ATのDレンジはレスポンスがダルいがギクシャク感が無く、誰でもイ-ジードライブが楽しめる。
MTモードを使えば鋭いレスポンスを堪能できる。
エンジンに絶対的なパワーはないが、簡単に5,000回転付近まで回るので不足は感じない。
回した時の吸気音と程よい重低音の排気音が気持ちいい。
油圧式パワステはアシストが弱く、重い。自ら舵を取っている感が味わえる。
足は固めで、右左折時に多少の無理をしても怖くない。
サイズ的な一体感は凄いが、操作における人馬一体感の点ではロードスターに劣る。

ボタンを押すだけで頭上のトップが折り畳まれつつトランクへ収納される経過はハァハァもの。
こんな小さな車にこれだけの機構をよく組み込んだと感心する。
信号待ちの間にトップを開けたり閉めたりするのが快感。
トップを閉めた状態で走ると常に天井各部の金具がカチャカチャ鳴る。
試乗車だけの個体差と思って確認したが、皆そうらしい。
総じて150万円は安い。
カテゴリー
新着ネタニュース
    おすすめ
    ランキング
    Powered by amaprop.net
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。