ひとり旅に出る。(旧称)

育児、ウサギ、趣味など。痛々しい過去のひとり旅も。
 
 
最近の記事
プロフィール

まあ

  • Author:まあ
  • 福岡から一人旅~今は愛媛に住んでます。
    第一子誕生と同時に交通事故で無職に。
    仕事を探しながら、うさぎさんと子育てに苦戦中…?
ランキング






    
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CRADLE OF FILTH/THORNOGRAPHY(2006) 



多分、今自分が一番好きなバンド、クレイドル・オブ・フィルスの最新作、ソーノグラフィ。


個人的に最高傑作と呼ぶダムネイション・アンド・ア・デイと肩を並べるインパクトを受けた。
ダムネイション~が、生のオケ&混声合唱団を使用した究極の装飾サウンドに楽曲のバラエティ、死ぬまで聴ける奥の深さまでも加味した奇跡の名盤であったが、対する新作は、

シンフォニックな装飾を抑え目に、骨太なサウンドでドラマティックなメタルを表現した前作の路線を踏襲しながらも、これまで以上に多様になったVoとGの表現力でキャッチーで泣ける楽曲を作り上げたと言える。
これだけ魅力的なギタープレイが可能なら、素の演奏だけでも勝負できる事を証明した一枚。

「きゃああ」系デスヴォイスは作品ごとに中低音を多用し、普通のシャウト方向にシフトし、Gリフもオーソドックスなスラッシュ~正統派に傾斜しつつも、従来のクレイドル節を大きく変えることなく、且つファンを飽きさせないように似て非なる物を作り続ける姿に完敗。

何よりアップテンポな曲が多いので、ダレなくて助かる(笑)


ソーノグラフ
ソーノグラフ
クレイドル・オヴ・フィルス

関連商品
ニンフェタミン
ゴッドスピード・オン・ザ・デヴィルズ・サンダー
ダムネイション・アンド・ア・デイ
蔭黒(いんこく)の女神アヴェルサ
Midian
by G-Tools

BlindGuardian/A Twist in the Myth(2006) 


ブラインド・ガーディアン4年ぶりの新作。
前作を骨太にした印象があります。

8割がミッドテンポなので、昔の音を求めている人にはお薦め出来ないです。

ミッドテンポがメインになったのは、アンスラックスが「サウンド オブ ホワイトノイズ」で変化した時を思い出しましたが、私はあのミッドテンポで突撃するサウンドが大好きなので、ブラガについてもここ数作の変化にはあまりネガではありません。


ミッドテンポでも昔のジャーマンな曲と同様に高いテンションを維持できるのは凄いです!


特に②。
1分の時間をかけ、スローなクワイアから複雑で印象的なリフへと展開し、じらしつつ徐々に胸の鼓動が高めていく流れと、堰を切ってあふれ出す美しいコーラスが素晴らしいです。鳥肌物ですね♪

他にも独特のリズム感の④、壮大さと牧歌的なムードが同居したバラード調⑤、昔のVoスタイル、控えめのコーラスとシンプルな展開にホッとする⑥、疾走感と勇ましいコーラスが心地良い⑦、と中盤も充実してます♪

ブラインドガーディアンの魅力が
「疾走感と分厚いコーラス」から、
「複雑な構成をミッドテンポでゴリゴリ突き進む格好良さ」
に変わったのは痛し痒しですが、ラッシュなどのプログレ風メタルが好きな人には相性が良いかも。

ただ、圧倒的に精密なアレンジは凄くても、そればかり続くとインパクトには欠けるので、気付いたら聞き流している事もたまに…。


なんだかんだ言っても、ヘヴィロテ中ですw

ソーノグラフ
ソーノグラフ
クレイドル・オヴ・フィルス

関連商品
ニンフェタミン
ゴッドスピード・オン・ザ・デヴィルズ・サンダー
ダムネイション・アンド・ア・デイ
蔭黒(いんこく)の女神アヴェルサ
Midian
by G-Tools

BlindGuardian/Night at the Opera 

B000062Y98.01.jpg

今年最新作を発売したジャーマンメタルの2002年発売の8th。

それにしてもVoの進化には毎度驚かされる。
ただ、今回は高い声が多く、Voのハンズィもちょっと辛そう。
彼の声は中~低音も自然な歌い方ですっごく魅力的なので、無理に高音を多用しても「聴いてるこっちが疲れる」だけという残念な結果にもなりかねない(笑)


それぞれの曲の完成度がハンパじゃないのはこれまで同様ですが、疾走曲が大幅に減って、雑に例えれば「4thのシアター オブ ペインみたいな曲ばかりのアルバム」というところでしょうか。
勇ましさと哀愁が漂う③・④あたりが好きですね。


「リフを主軸にメロディを肉付け」した昔の音に対し、
今作は「コーラス主体のメロディにバッキングを肉付け」する作り方に変わっている気がする。なのでリフの印象は薄め。
その特性に気付き、それを踏まえればこのアルバムは楽しめる。逆にリフやバッキングにばかり集中して聴くと、どの曲も似た印象を受けそう。
今作でのギターはあくまで主役のコーラスの伴奏に過ぎない。


「シンフォニック」という点においても、よくある「HMにシンフォニックな音を加えただけ」ではなく、「合唱付きシンフォをHMの演奏で再現する」手法に挑戦しているように聴こえる。


3~4枚目の頃のブラガも最高に好きでしたが、今作は昔のような
・ツーバスだらけのHM曲
・演奏主軸のドラマティックな展開
を期待して聴くと「違う!」と思うでしょうね。


・シンフォをHM楽器で再現している
・演奏ではなくコーラスを使ったドラマティックな展開
と思って聴くと、彼らの今作への意図が見えてくるかも…。
ファンがどの頃の、どんなサウンドを期待しているかを知っているにも関わらず、自らの過去をカヴァーする事無く挑戦したアルバムだと思います。



他の人の感想

RED/END OF SILENCE 



リンキンパークやエヴァネッセンス系ど真ん中(笑)

メロディの美しさは前者の比ではなく、エモ/スクリーモのように甘いヴォーカルと搾り出す絶叫が楽しめる。
しかし、
「シンプルで力強いリフ」
「曲全体を覆うキーボードのシンフォニックサウンド」
「要所で効果的に使われるピアノやサンプリング」
とあまりにもリンキン/エヴァな音作りなので、新鮮さよりも「今さら感」が強かったりして…(笑)
「所詮良いとこ取りやん」と言われないような、もっと強い個性が欲しい。


甘く悲しく歌い上げる、静かな⑥など、素晴らしいメロディが目白押しなので、曲そのものの出来は良いのだが…。

リンキンやエヴァ系に飢えている人や、リンキン系を知らない人には超お薦め♪


End of Silence
End of SilenceRed

Red Int / Red Ink 2006-06-13
売り上げランキング : 23778

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Until We Have Faces Innocence & Instinct (W/Dvd) (Dlx) Life Starts Now Dear Agony One-X

SYSTEM OF A DOWN/STEAL THIS ALBUM! 

B00007E8V4.01.jpg

「こんな音楽あったのか!」と驚愕させられたシステム・オブ・ア・ダウンが2ndと去年の3rdの間に出したアルバム。

が、最早アウトテイク集なんてレベルではない。なぜそんな体裁でリリースしたのか不思議だ。
16曲収録で、曲順も良く考えてある。何より彼ら自身、「これはB面曲やアウトテイクの寄せ集めでは無い」と言ってるあたり、透明のCDケースに「このアルバムを盗め!」と書いたCDが入っているだけ(ジャケットはありません/笑)というのは彼らなりのジョークとしか思えない。
自分を含め、アルバム所有者は立派なフルアルバムとして認識しているはず。

スラッシュとハードコアの中間くらいの、非常にストレートで明快なメロディのHR/HM曲が多く、変態曲(笑)が少ないので初心者にはうってつけの内容。
コンパクトで突進力のある曲が多いので、この曲数でも「もうおなか一杯」感もないです。もちろん、静と動が唐突に入れ替わるドラマティックな曲も健在。

スラッシュ顔負けな怒涛の①、フックの塊②、パンキッシュでキャッチーな③、へヴィなサビが格好良い④…、とアップテンポなツカミの曲が永遠に続いていきます。

一番のお気に入りはラスト。ストリングスやメランコリックなインストまで導入した壮大な曲でありながら3分半という時間にまとめあげている。この構成力は芸術的だ。


他の人の感想も見る
カテゴリー
新着ネタニュース
    おすすめ
    ランキング
    Powered by amaprop.net
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。