ひとり旅に出る。(旧称)

育児、ウサギ、趣味など。痛々しい過去のひとり旅も。
 
 
最近の記事
プロフィール

まあ

  • Author:まあ
  • 福岡から一人旅~今は愛媛に住んでます。
    第一子誕生と同時に交通事故で無職に。
    仕事を探しながら、うさぎさんと子育てに苦戦中…?
ランキング






    
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Funeral For A Friend/Casually Dressed & Deep In Conversation 

jjs.jpg

フューネラル・フォー・ア・フレンドの2004年発売の1st。日本人には言いづらいバンド名だな。このアルバムで「エモロック/スクリーモ」というジャンルに初挑戦です。
うわ!Voのヴォリュームでか!そうか。一般的にはこのバランスが普通なんだよな。
第一印象は、普通のロック。この垢抜けない感じ、めっちゃエゲレスの香りがします。確かめたらやっぱりエゲレス人でした。さすがビートルズを生んだ国って感じ(?)
Voは時々咆哮しますが、95%は甘く切なく歌ってます。
自分が知っている限りの知識で例えると、リンキンパークとグリーンデイとディジーミズリジー(←マイナー?)を感じさせますが、誰かに似てる!という訳ではなく、オリジナリティは十分にあります。
コンパクトな時間の中に、切ないアルペジオとややヘヴィなリフを使い分けながら、ドラマティックに進行していき、滝涙を流しながら歌うVoがトドメを刺す。。。こんな感じかな。
この胸キュン(超死語)の矛先をどこに向ければいいんだァァァァ~!!
というくらい切ない。
関連記事
コメント
コンバンハ
TBどうもありがとうございましたm(_ _)m自分、イマイチTBの仕方がわかってなかったりするのは内緒です。
FFAF良いですよね。ホント胸キュンです。この切ない想いは青空へ向けて一気に放出しましょう!(笑
コンバンハ
最初はホント、フツーのUKロックだな~って思ってたけど、、、
他には無い、だけど、はっきり表現できない、何か見えないスパイスを持ってますね。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://atenza.blog5.fc2.com/tb.php/81-35f84b4e
カテゴリー
新着ネタニュース
    おすすめ
    ランキング
    Powered by amaprop.net
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。