ひとり旅に出る。(旧称)

育児、ウサギ、趣味など。痛々しい過去のひとり旅も。
 
 
最近の記事
プロフィール

まあ

  • Author:まあ
  • 福岡から一人旅~今は愛媛に住んでます。
    第一子誕生と同時に交通事故で無職に。
    仕事を探しながら、うさぎさんと子育てに苦戦中…?
ランキング






    
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人旅 4月5日 その3 

その2の続き…
この付近はもう何も無さそうだし、とりあえず高速を目指すか…

と思って地図を見ると…

出雲近辺って高速のICが無いのね。
東に40キロ戻るか西に50キロ走らないと無いです。
観光地としてはかなり不便だと思いますが、どうでしょう?島根県。

40キロ戻るより50キロ進んだ方が良いだろうと思い、50キロ先の大浜インターを目指す。
昼間の下道50キロは正直しんどい。
PICT0172s.jpg
途中、道の駅を発見、休憩する。
PICT0170s.jpg
夏は海水浴の駐車場としても使われている。海キレー!温泉等もあるようだが、本日定休日で自販機以外は利用できず…
島根に悪気はない事はわかるが、島根に対する言いようの無い不満が募りだす。
PICT0175s.jpg
トロットロ運転の車の後ろを数十キロ走る。
景色は良いのだが… 「島根…早く出たい」
途中で「大浜有料道路」を発見。大浜ICに直結しているようなので、疲れてたし、島根はなんか好かんし(しつこい)、乗ってみる。
PICT0180s.jpg
大浜IC直結って事は、そのまま山陽か中国道に繋がってるんだな。一気に山口まで行こう。

しかし、、不親切な案内板のせいで、中国道に乗れず、大浜ICで降りてしまう。どっと疲れが…
しかも、間違えて降りたが最後、ず~~っとUターンできるスポットがなく、道の駅まで来てしまう。

ここでUターンして、すぐに大浜ICを目指しても良かったが、道の駅を探索してみた。
モスバーガーがあって、ジョリーパスタ(パスタのチェーン店ね)があって、お土産屋があって、、、まぁ、普通の道の駅。でもなんか妙にココに居たくて、隅々までうろついたり、行くわけないのに近辺の無料タウン誌をじっくり読んだりする。急いでるはずなのに、どうしてこんなにゆっくりしたがるのか、自分でも良く分からん。
PICT0176s.jpg
夕日が綺麗らしい。
PICT0177s.jpg
良くある名産品コーナー。この地域の名産の、魚の赤身コロッケを買ってみる。今夜の酒のツマミにしよう…。
PICT0178s.jpg
ここのおじさんが、凄ーく人の良さそうな顔をしているので、思わずパチリ。まさか自分が撮られるとは思ってなかったようで、困惑してた。写真のはイマイチだが(っておじさんに失礼だなぁ)、凄くいい表情するんです。「自分もこんな人の良い顔つきになれたらなぁ」と本気で考えた。

手作りの温泉マップなんかもあったが、どれも行きづらい場所にあるなぁ。やっぱ山口を目指すか。

しかしココにいると、なんかまったりとした気分になる…なんでだろう。

一人旅も、最初は「つまんないんじゃないかな」と思っていたが、
日を追うごとに「一人ならでは」の面白さに気付き、極端に言えば、人生も含め面白くするかどうかは自分自身次第なんだな~とこの歳にして実感。


さて、大浜ICに向かうか…

ちょっと話がずれるが…去年の9月に婚約者と別れた。俺はこの人と結婚する!って決めてたし、式場も物色していたから、突然の連絡に驚いた。理由についてはしつこく聞いてない。ネチネチ聞いてもしょうがないし。
さすがに2ヶ月くらいはしんどかったけど、吹っ切れたし、周りにもそう言っていた。

さらに話がずれるが…ウチの爺ちゃんはボケて5年近くになる。体はまだ元気だ。
婆ちゃんが死んで、しばらくしてからボケた。
爺ちゃんは一匹狼っぽいところがあるので友人も少なく、婆ちゃんが死んでからは、
毎日孤独の生活を送っていた。俺が爺ちゃんの立場だったら、一人が辛くて、生きるのをやめたくなるかもしれない。相当つらい毎日だったと思う。
そこで爺ちゃんの心の奥深くにある、司令塔(?)が、「今まで良く頑張ったな、オレ。もう楽にしてエエよ」って言って「ボケ発動スイッチ」を押したんだと思っている。ボケたじいちゃんはかなり子供の心に戻っているようで、表情も幼くなっている。ストレスとは無縁って感じに見える。周りで世話する人は大変だが。
誰にでも表面の自分とは別の、心の奥底のもう一人の自分がいて、多分そいつは表の自分以上に凄え重要な役割を持っていると思う。深層心理ってやつかな。

PICT0181s.jpg
大浜ICから有料道路に入ってしばらく運転していて、
突然頭がひらめいた。

「俺は婚約者の事はとっくに吹っ切れたと思っていたが、実は心の奥でずっと引きずっていた。引きずっていた事は表の俺も薄々感じていたが、無理やり吹っ切れた事にしていた」
「しかし、今この瞬間に完全に吹っ切れたことに気付いた。」
「一人旅は、自分がもともと車の旅行が好きだから、なんとなく始めたと思っていた。しかし、俺が新しい岐路に立つにあたって、心をリセットしないと今後俺は絶対うまくいかない、だから心をゼロに戻すために心の奥の俺が旅に出るよう指令した」
「俺は自分で気付かないで、心のリセットを目的に旅をしていた」
という事に気付いた。
奥の自分が「オッケー、たった今お前は全て吹っ切れたから。今後は迷うことなく自信を持って生きていけ!」と言ってくれた。

ちなみに俺、宗教には入ってませんので。念のため。
一週間以上時間をおいても、あの感覚は変わらないので、ココに書かせてもらった。

旅の目的に気付き、達成した事も分かったので、これ以上旅する必要も無いので、このまままっすぐ福岡の自宅に戻る事にした。

PICT0179s.jpg
今度は道間違えませ~ん

一気に400km以上の帰路。でも心は晴れ晴れだったなぁ。
PICT0189s.jpgPICT0187s.jpgPICT0185s.jpg


途中、広島の宮島SAに寄る。ここからの景色は素晴らしい!宮島ってこんなに大きかったんだ!

夜8時に自宅のアパートに到着~!




関連記事
コメント
(._.o)ン?
去年?














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://atenza.blog5.fc2.com/tb.php/61-e0520e00
カテゴリー
新着ネタニュース
    おすすめ
    ランキング
    Powered by amaprop.net
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。