ひとり旅に出る。(旧称)

育児、ウサギ、趣味など。痛々しい過去のひとり旅も。
 
 
最近の記事
プロフィール

まあ

  • Author:まあ
  • 福岡から一人旅~今は愛媛に住んでます。
    第一子誕生と同時に交通事故で無職に。
    仕事を探しながら、うさぎさんと子育てに苦戦中…?
ランキング






    
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのウサギ手術。 

P1020340.jpg

ホンっトに生意気でイタズラも多いので、良く追っかけまわしたりもしてるんですけど(笑)
ウサギを飼った人の65、3%(独自集計)が思うであろう「あれっ?ウサギってこんなに凶暴なの?」の典型。
そんなトコも含めて可愛いコニー様。

今週の金曜日に手術する事になりました。

メスのペットに多い避妊手術です。
嫁実家の猫は外で子供を作らない為に避妊手術をしてますが、ウサギの場合はメスの病気の中で子宮がんが多いという理由で子宮摘出が大半だと思います。


「ウチで飼ってたウサギは子宮がんになんかならなかったよ」
「摘出手術の麻酔死亡のリスクが大きいので、ガンになるかどうかも判らずに手術して死んだら本末転倒」
といった意見を沢山見かけますし、自分自身も
「動物を人の楽しみでペットとして勝手に命を預かった上に、都合良く体をいじっても良いのか」
という考えが強いのですが、先日動物病院で相談してみた所、
「ウサギを子宮ガンで預かる事もあるけど、そのようなウサギは年齢的に手術が危ない。
どうせ手術をするならまだ若いうちに済ませるのも考え方のひとつ」

ウチのコニーは3歳になったばかり。年齢的に手術はもう遅いかなと聞いたら
「ガンにならないかもしれないけど、将来ガンでもっと年を取って手術する位なら、今ならまだ大丈夫だし、むしろ今しかない」
との事で、手術をする事にしました。

ちなみに、ウサギの麻酔手術のリスクが高い訳は…
犬や猫は全身麻酔の際は口から酸素チューブを入れて万が一に備える事が出来るけど、
ウサギは構造上それが出来ないそうです。

メスは避妊すると穏やかになるそうなので、ケンカも減るのかな…
我が子にとってはホリホリされる事も減って好都合ですけど(笑)





うさぎの気持ち

  


関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://atenza.blog5.fc2.com/tb.php/312-834109be
カテゴリー
新着ネタニュース
    おすすめ
    ランキング
    Powered by amaprop.net
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。