ひとり旅に出る。(旧称)

育児、ウサギ、趣味など。痛々しい過去のひとり旅も。
 
 
最近の記事
プロフィール

まあ

  • Author:まあ
  • 福岡から一人旅~今は愛媛に住んでます。
    第一子誕生と同時に交通事故で無職に。
    仕事を探しながら、うさぎさんと子育てに苦戦中…?
ランキング






    
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Circus Maximus/isolate 

マキシマス

鳥肌が立つ音楽はたまにあるが、鳥肌が両手だけでなく首筋にまで上がってくる音楽と久々に出会った。
デヴュー作はは平均水準以上であったものの、何となくボチボチの印象だったサーカス・マキシマスの2nd、アイソレイト。


ダークで荘厳なイントロからテクニカル全開に切り替わる瞬間が堪らない�に続く、
「プログレメタル」というジャンルに相応しいスリリングな�で早くも本領発揮。
金属的な高音から堂々たる威厳すら備える中低音まで実力を如何なく発揮したVoと目まぐるしく器用に表情を変える各インストが紡ぎ出す混沌、哀愁と勇ましさを同居させた奇跡の一曲。様々な音と感情の波に飲み込まれ、一瞬現実から引き離される思いです。思わず脱糞してもそれにすら気付かないんじゃなかろうか。プログレメタル界屈指の名曲となりうる。

そして、ゆっくりとした曲調の中でヘヴィパートと哀愁たっぷりのパート、癒しのパートが次々訪れる�で完全にこの世界に飲み込まれてしまいます。ここまで聴けば、Voの力量を疑う者はもう居ないでしょう。

�はこの手のバンドではお約束に近いインストナンバー。

ハードポップ?と思わせるキャッチーな�はこのアルバム中のハイライトの一つ。
低音から高音までVoの魅力の全てを堪能しつつ、ポップ且つテクニカルなGリフ&ソロは一音一音の全てが聞き逃せない価値アリ。
プログレファンのみならず、AORリスナー、HRリスナー、メロディ派全てに聴いて欲しい一曲。

荘厳なパワーバラード�から続く�は、
前半のへヴィなタメパートと後半の泣きメロが対照的な大作。まだ2枚目の新人とは思えない貫禄を見せつける堂々たる展開だ。

儚くも美しいVoと力強く前進するインストの組み合わせが絶妙な�はラストを飾るにふさわしい曲。

…と、メロディのほぼ全てが俺的ツボに100%はまりまくることを除いても、客観的に充実したアルバムだと言える。次々と溢れ出るメロディにどっぷりと浸かる快感。

全体にDREAM THEATER的エッセンスを感じるのは否めない…と言うかフォロアーを自認しているであろう音楽スタイルだが、本家ほど各プレイヤーの変態度(笑)が高くないので、結果的に音楽そのものに集中できるのも棚ボタでした♪
雰囲気の共通性からも、DREAM THEATERの1st~2ndをこよなく愛するファン必携の一枚とも言える。

他の人の感想
関連記事
コメント
いつもみています
こんにちは、ちょくちょく拝見しております。これからも遊びにきます。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://atenza.blog5.fc2.com/tb.php/287-806ae707
カテゴリー
新着ネタニュース
    おすすめ
    ランキング
    Powered by amaprop.net
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。