ひとり旅に出る。(旧称)

育児、ウサギ、趣味など。痛々しい過去のひとり旅も。
 
 
最近の記事
プロフィール

まあ

  • Author:まあ
  • 福岡から一人旅~今は愛媛に住んでます。
    第一子誕生と同時に交通事故で無職に。
    仕事を探しながら、うさぎさんと子育てに苦戦中…?
ランキング






    
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Shadow Gallery/Shadow Gallery(1992) 

shadow_gallery.jpg

1992年といえば、ドリームシアターが大ブレイクした頃でもある。

という事で、その頃は沢山のプログレバンドが発生(笑)したようです。
きっと「これが第二のドリームシアターだ!」というキャッチフレーズがアチコチで発生していたんでしょう(笑)



ジャケットのイメージそのままに、シンフォニックなプログレ。
リーダー?のベースが演奏するフルートが節々で登場します。独特のテクニカルなギターリフ、クイーンズライクばりの天まで突き抜けるようなVoもこの一作目から健在です。
クイーンやロビーヴァレンタインのような美しいコーラスもあり、アルバム全体で「シンフォニックでファンタジック」という統一感を意識して作ったのかな?

明確なメロディとミステリアスでジメっとした雰囲気は確かにドリームシアターの、特に1stを彷彿とさせますね。

さらに遡るとカンサスの影響もあるかな?って思います。
緊張感と叙情性を持って曲を進行させつつ、どこかホッと心を和ませるメロディがあったり、ピアノの使いどころとか…。


ラストには17分の大曲もありますが、ドリームシアターのように「身構えて対峙して聴く」というより、「ゆったりと時の流れに身を任せる」聴き方が出来るのも、カンサス的ですね。


音の重さ&密度が高まった2枚目以降からメジャーな存在になりましたが、この1stにはその後のシャドウギャラリーが失ったものが沢山入っていてオススメです(^-^)v


他の人の感想

関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://atenza.blog5.fc2.com/tb.php/264-e4d4a809
カテゴリー
新着ネタニュース
    おすすめ
    ランキング
    Powered by amaprop.net
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。