ひとり旅に出る。(旧称)

育児、ウサギ、趣味など。痛々しい過去のひとり旅も。
 
 
最近の記事
プロフィール

まあ

  • Author:まあ
  • 福岡から一人旅~今は愛媛に住んでます。
    第一子誕生と同時に交通事故で無職に。
    仕事を探しながら、うさぎさんと子育てに苦戦中…?
ランキング






    
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPACE ODYSSEY /The Astral Episode (2005) 

20060526155707.jpg

様式美鍵盤魔人、リチャード・アンダーソンのプロジェクトの一つ、「スペースオデッセイ」の2nd。


相変わらず様式美満載。

しかし今作は初期レインボー~最盛期イングヴェイのネオクラシカル~最近のプログレ風ネオクラシカルのエッセンスを満遍なく散りばめ、様式美の集大成でもあり、彼のこれまでのキャリアの集大成とも言える充実したアルバムになっている。



通常なら終始Key弾きまくりの彼だが、このアルバムではKの質はそのままに量(エゴともいう?/笑)を減らしVo、Gを中心に捉えた素晴らしく均衡が取れた音作りだ。
Voはロニー・ジェイムズ・ディオにそっくりで、このスタイルにぴったり。
Gは基本ネオクラだが、初期~ジミヘン影響時代までのイングヴェイスタイルを満遍なく再現できる幅の広いキャラクターだ。



変拍子を伴いながら始まるクラシカルフレーズに(これは当たりかも!)と確信した#1、

彼のもう一つのプロジェクト「タイム・レクイエム」にありそうなプログレ風のドラマティックでスリリングな#2、

そして、自分的最高傑作#3は…
モロ、モロ、モロにレインボーの名曲「スターゲイザー」を意識した曲です。現代に甦るスターゲイザーです!
力み方、時折聞かせる叙情的な表情の声、決め!の歌い回しまで完璧にロニーを再現したVo。
現代的速弾きの中にリッチー的手癖を散りばめたG。
17歳(!)のくせに(笑)コージーパウエルな叩き方のDr。
原曲?のイメージを損なわないようにこの曲だけ(笑)控えめなK…と確信犯というよりリスペクトと呼びたい。

クラシカルの教科書的フレーズ満載の疾走曲#4、極初期のイングヴェイ的ドラマティックな#5、インスト#6を経て、

トリロジー時代を彷彿とさせるフレーズをまろやか丁寧に弾きこなすG&Kに鳥肌ものの#7、
ディオ声とは思えない爽やかヴォイスを披露する#8と、最後まで飽きずに楽しめます。

偉大な先人からの拝借フレーズもあるが(でも過去最少)、それらを現代の音と演奏技術で素晴らしい物に昇華したアルバム。
他の人の感想も見る
関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://atenza.blog5.fc2.com/tb.php/251-32dd0ca2
カテゴリー
新着ネタニュース
    おすすめ
    ランキング
    Powered by amaprop.net
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。