ひとり旅に出る。(旧称)

育児、ウサギ、趣味など。痛々しい過去のひとり旅も。
 
 
最近の記事
プロフィール

まあ

  • Author:まあ
  • 福岡から一人旅~今は愛媛に住んでます。
    第一子誕生と同時に交通事故で無職に。
    仕事を探しながら、うさぎさんと子育てに苦戦中…?
ランキング






    
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

159軒目:やおき 


159軒目
やおき:松山市、松山城ロープウェイ街道(一方通行の道)
塩ラーメン、醤油ラーメン 600円 味噌ラーメン 650円

出来て間もないのか、ピカピカの店舗。表にはオープン祝いの花輪も飾ってあった。
ラーメンは(確か)全て豚骨ベース。自分は写真の塩を食す。
麺はちぢれの中太麺。先日食べた有名店「山頭火」のようなスーパーあっさり味。白湯ラーメンみたいな感じ。ほんのりと魚介類と野菜の香りがして上品。
体に悪そうな味じゃなくて好感。トッピングも含めてちょっと印象に残らない味だが。

連れがオーダーした味噌も食べる。
これは凄い!

…ニンニクが!
ニンニクの味しかしない、と言うと言い過ぎ?
ちょっとやり過ぎ。
スーパーあっさりの塩にニンニク強過ぎの味噌。
(店員によると)二つの中間の醤油が美味いかも。   ⑥
スポンサーサイト

Children Of Bodom /Are You Dead Yet? (2005) 

cob5.jpg
個人的最高傑作の前作「ヘイトクルー・デスロール」から待ちに待ったチルドレンオブボドムの最新作、5th。
ザクザク・ゴリゴリのブルータルなリフにキラキラな胸キュンキーボードの音色が加わり、意外に?哀愁を帯びたデスヴォーカルが乗っかる…それが彼らのスタイル。さて今作は…

ハードコア風の骨太な音に戸惑いを感じるが「過去の自分達をカヴァーするような音楽はやって欲しくない」がワタクシの全てのアーティストへの希望なので良しとするか。
が、しかし、「キメ!」の場面が少ない。キメ!の場面とは勿論失禁必至のギターとキーボードによる掛け合いソロ。
リフも「よくこんなの思いつくな~」と感心&身震いする物が少ない。
轟音の滝に全身を打たれるが如しの迫力にチビリそうにもなるが、あともう一歩、イケそうでイケない。
このスーパー重低音でキメ!もしっかり作ってくれれば良いものになったと思うんだけどな…

前作の絶妙なバランスが神だったので、比べるのが酷かもしれん。

和歌山っ子 

wakayama.jpg
157軒目
和歌山っ子:新居浜市11号線沿い
ラーメン550円 半チャンセット700円

チェーン店のようだ。
メニュー表にはラーメン単品の価格が無く、豊富なセットメニューがメイン。
スープは濃い口。京都豚骨のようなとろみもある。豚骨の臭みが若干気になり、辛い。
デロデロに茹でた麺は和歌山ラーメンの特徴なのかこの店だけなのかは不明。  ③

156軒目:三洋軒 


156軒目
三洋軒:松山市和泉
ラーメン570円 替え玉130円

『【須恵】三洋軒』という看板だったので、店主に
「須恵(すえ)って、福岡の須恵の事ですか?」と聞くと
「そうですよ。福岡の方ですか~?」と(店主が)盛り上がる。
「三洋軒って、久山のしか行ったことなくて…」
「自分が修行したのは篠栗で…」とメチャ福岡な会話が出来て懐かしい。
「最近【く~た】が来てよく宣伝してるけどねぇ」
「松山の人にアレを本格豚骨ラーメンと思われたらヤダナー」
「でもアレは博多ラーメンじゃなくて大分のラーメンだし。。松山の地場ラーメンは甘いよね」
「甘い!ちなみに自分は松山分校は良く行きますね~」
「あそこも松山向けにちょっと味変えてますよね」
「でも自分は久留米生まれだから、松山で本格久留米ラーメンが食べられるのが凄く嬉しいんですヨー」と延々と話す。話題はラーメンを離れ、「ドコに住んでた?」まで話し込む。

で、ラーメンの方は、、、茶系スープの博多ラーメンは「酸味を伴う変な臭み」をいかに取り除くかが肝だが、その点はスペシャル合格点。やや太目のストレート麺は歯ごたえもあって美味い。油が多めに浮いていて、そのせいでスープが熱すぎるのがやや難。
ここまでご当地の味だと、価格もご当地価格にして欲しかった…福岡じゃ400円台でしょ。  ⑥

元気いちばん亭 

genkiiti.jpg
155軒目
元気いちばん亭:松山市勝山通り?
塩豚骨 500円

車で走っていていつも気になっていたのだが車が停めづらく、最近自転車を入手したので早速行った。

アツアツのスープからは何か懐かしい久留米豚骨の香りが…。ボロボロのチャーシューも昔懐かしいテイスト。
麺は好みのストレート細麺。茹で加減も博多っ子好みの、やや固め。
スープはホント熱過ぎて、最初まともに味わえなかったが、冷めるにしたがって、本当の味わいが…
豚骨が苦手な人が嫌う要素…「変な酸味を伴う臭み」が強すぎる!
良く言えば久留米にある明治時代からの伝統の味、久留米屋台の「南京千両」の味に近いが、悪く言えば臭みを取るのに何の工夫もしていない。
あえて「明治の味を再現しました」という事でもなさそうなので、これは単なる手抜き。こってり豚骨でも手間をかければ、臭みを無くし、まろやかで美味しく作れるんです!「豚骨は臭いからねー」という素人でもできる安直な批判をOKにしてしまう味。変な後味は残らないので、まだいいが…。
とは言っても、あくまでド素人の下手くそな感想なので、批判ぶった事は書きませんが…タンタン麺が得意料理なら、ラーメン屋って看板出さないで…。  ②

あと、店長及び従業員の方の、あの接客は店名とかけ離れてます。
カテゴリー
新着ネタニュース
    おすすめ
    ランキング
    Powered by amaprop.net
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。